夜勤専従看護師 - 精神科で看護師が勤務する場合

日本人の特性もあるし、景気の悪さが原因で精神を病む人が増えています。日本人は律儀で真面目な民族ですが、このために悩みを一人で受け止めがちです。<自殺大国>と呼ばれるほど諸外国と比較すると精神疾患の人が多いです。
夜勤専従看護師求人にパート募集はあるの?

今回は、精神科で看護師が勤務する場合の特徴点をご説明したいと思います。内科や外科と比較すると患者数は少ないので、専門性が高い看護スキルが要求する局面が多いです。日本の持っている事情によって、将来的に精神科のナースのニーズは拡大するだろうと推定されています。

デリケートな心の悩みを持っている患者をケアしなければなりません。仕事をする場合は細心の注意をしてひとつひとつの言動に気配する気持ちが他の診療科目よりも要求されます。精神科は専門性の高い知識をつけたいとか看護スキルを最高レベルまで高めたい人など向上心が高く目的意識の高いナースには最適です。

認知症看護・急性期看護……さまざま分野にまたがっての医療知識が必要でしょう。そんな知識をどうやって身につけるのだろうか?――心配になり1歩が踏み出せないナースも多いです。

近頃では精神科未経験の看護師を対象にした研修制度・教育制度が充実している病院も増えています。最低限度の医療知識・看護知識と仕組みを教育された後に配属されるのが一般的です。

他の診療科目とは異なり長期間の治療になることが多いのが精神科の特徴です。じっくりと内面を理解するコミュニケーションを構築することは不可避です。精神科の治療は外科的治療よりも内的治療に重きをおいています。

細やかなカウンセリング能力やコミュニケーション能力によってナースとしての能力の差がでてきます。代表的な精神疾患である<うつ病>の患者は簡単に心を開いてはくれません。自分の殻に閉じこもってしまうのです。そういった患者様には看護師が心の拠り所になってあげなければならないでしょう。

給与面では他の診療科目のナースよりは高い水準です。突発的に暴力を振るう患者もいるからです。そんなリスクもあるので危険手当を含んだ給与システムになっています。以上、精神科で看護師が勤務する場合の特徴点をご説明したしました。

看護師が夜勤なしで日勤に限定して仕事ができるケース

看護師が日勤だけで業務ができる場合はふたつのパターンが考えられます。ひとつは「夜勤がない職場である場合」です。もうひとつは「特例で認められている場合」です。今回は看護師が夜勤なしで日勤に限定して仕事ができるケースをご紹介したいと思います。

1番目は<クリニック>です。クリニックは日勤の時間帯だけの診察業務で入院施設がありません。ですから特例でなくて夜勤自体が存在しない職場環境で、おすすめです。

総合病院でも<日勤のみ>という勤務条件で採用してもらえるケースがあります。しかしながら、そういった特例の場合は他の看護職員に対して気を使うし人間関係のトラブルの原因になりがちです。

クリニックの特徴はその地域にお住まいの住民の健康管理を目的にしていることでしょう。看護師の仕事は注射・点滴・採血・院長の診察介助・レントゲン撮影の補助や準備などが中心です。業務そのものは病院勤務での看護業務よりもシンプルで簡単にこなせます。

看護スキルよりも機転が利くコミュニケーションスキルが要求されるでしょう。院長のワンマン経営のクリニックがほとんどですから院長との相性も重要な要因です。気が合えば長い期間にわたって仕事をしている看護師も少なくありません。

2番目は<訪問看護>です。日勤のみでの勤務で看護スキルがアップできるでしょう。病院の場合はシフト勤務で夜勤ができる看護師が優遇されがちです。しかしながら訪問看護の場合は基本が日勤勤務です。

夜勤ができないことがマイナス要因にはなりません。看護スキルアップのために外部研修を受ける場合もスムーズです。一般的に訪問看護はひとりのナースが利用者の自宅を訪問して医療サービスをします。平均すると1日につき6件程度の訪問件数になるでしょう。

訪問看護が終わったら事務所に戻り事務作業をします。必要に応じてカンファレンスがある程度です。近頃は老人ホームに訪問するスタイルの訪問看護も増えてきています。ひとりで利用者の自宅へ訪問することに躊躇がある看護師には選択肢のひとつとして考えてもいいでしょう。

訪問看護で仕事をするナースに求められるスキルとしては「対応力」と「判断力」です。医師やケアマネと連携するケースもありますが、ひとりで訪問するので判断力は不可欠です。